top of page

2羽のルリビタキ

1月25日、予報通りの寒波襲来で、昨晩から凍てつくような寒さとなりました。

夜中に強い風が吹いたので、倒木や折れ枝が無いか確認しながら主要な公園を廻りました。

先週ご紹介した堀之内寺沢里山公園のルリビタキは、相変わらず愛嬌たっぷりでお出迎え。

園内には少なくとも3羽のルリビタキがいます。

1羽ごとに縄張りをつくって行動しており、今日は公園のもっとも奥の樹林地を

縄張りにしている個体もやっと顔を見せてくれました。

驚くことに、こちらも熟年オス(背面全体が青い)でした。

そして、縄張りの境界付近で、2羽がバッティングするシーンを目撃しました。

青い子が2羽、手すりに並んでいる光景は初めて見ました。

あわや喧嘩勃発か!?・・と思って見ていると、しばらくお互いに牽制し合っている様子。

手前のオスがじりじりと奥へ歩みを進めていくと、奥のオスはピタッと動かなくなり、

やがて、その迫力に負けたのか茂みへ飛び去っていきました。

手に汗握る、緊張なワンシーンを目の当たりにできて、とても幸運でした。

ルリビタキの他にも、オスとメスがそれぞれ飛来しているジョウビタキをはじめ、

エナガとともに行動するリュウキュウサンショウクイ(写真)や、小群をつくって

飛び回るイカルなど、今シーズンの堀之内寺沢里山公園は小鳥たちで賑わっています。

Comments


bottom of page