top of page

黄金のムネアカハラビロカマキリ

10月9日、雨模様でしたが、自然館中庭ではホシホウジャクが元気に飛び回っていました。

多くの昆虫は雨に打たれ弱いので、高速飛行で雨を物ともしないホウジャク類にとって、

花を独占できる絶好のチャンスだったのかもしれません。雨の日の観察は発見の連続です!

さて、こちらの写真をご覧下さい。自然館スタッフが長池公園の園内で捕獲したものです。

先週、私が容器から出して撮影している最中に脱走してしまい、事務所の空調機の下に

入ったきり行方不明になっていたのですが、今日無事に机の上で再発見されました。ふぅ。

まずびっくりしたのがこの色合いです。全身が黄色、いや黄金色と表現されるでしょうか。

このような色のカマキリ、オオカマキリなどの種類ではごく稀に見つかるそうです。

色彩変異の一種ということなのでしょう。さらに驚くべきは、ムネアカハラビロカマキリと

いう種類であったことです。中国産竹ぼうきとともに卵嚢が持ち込まれ、定着したとされる

外来種で、在来種のハラビロカマキリよりも胸部が長く、前脚の突起の様子や腹側の色も

異なっています。長池公園や周辺地域でも見かける機会が増えてきており、在来種との

競合など、その影響が懸念されているところです。ムネアカハラビロカマキリは通常は

緑色なので、このカラータイプはひょっとするとかなり珍しいのではないでしょうか?

こちらが普通のムネアカハラビロカマキリです。緑と胸の赤のコントラストが目立ちます。

黄金のカマキリは脱走歴のある“要注意人物”なので、顔のアップも撮っておきました。

ところで、雨の日の自然館はお客さんも少なく、穏やかに過ごすことができて穴場です。

窓ガラスはハロウィン仕様に。そして、新しい展示もこっそり登場していますよ!



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page