top of page

便所コロギス

7月24日、秋葉台公園の草刈りを行いました。夏休みが始まり、広場には子どもたちの姿。

顔見知りの親子連れも虫捕りに来ていて、拾ったクワガタを見せてくれました。

公園で楽しそうに過ごす皆さんを眺めていると、作業の疲れも吹き飛びます。


作業のあと、トイレに入った時のことです。ふと背後に気配を感じました。

振り返ると、ヒゲの長いギョロ目の昆虫がジーッとこちらを見ているではありませんか。

正体はコロギスです。形はコオロギ、色はキリギリス、ということから名付けられました。

ちょっと似た雰囲気のあるカマドウマには、暗くてジメジメした場所を好むことから

“便所コオロギ”の異名があります。それならば、この子は“便所コロギス”ですね!

もしもこれが森の中だったら、“間近で出会えてラッキー!”と喜ぶに違いないのですが、

無防備な密室での鉢合わせは、嬉しさよりも気味悪さのほうが上回るという不思議。

やはり、昆虫との出会いにおいて、シチュエーションは大切なのだと思います。

夜行性で樹上生活者のコロギスが、なぜトイレに入ってきてこちらを見ていたのかは

わかりませんが、以前も、真夏に地上を素早く走り回る姿を何回か見たことがあります。

独特なビジュアルと動きに少し慣れてきて、しばらく観察を続けていると、足もとを

ヒガシニホントカゲが通り抜けていきました。それを見た瞬間に閃きました。

コロギスもトカゲも肉食。そうか、彼らはトイレに入り込んで抜け出せなくなった

小動物を狙って訪れていたのか!(私の後を付けてきたわけでなくて良かった・・)

屋外トイレの生物多様性。面白い反面、トイレくらいはゆっくりさせてほしい気もします。

「え?トイレに入ったきり出てこない人がいるって??」・・あ、それ私かもしれません。

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page