top of page

トラフシジミ

5月2日、前夜までの雨の影響で小学校の出張授業が急遽延期となり、民有緑地の調査へ。

城山川に面した崖線に広がる雑木林を藪漕ぎしてきました。なかなか豊かな植生でした。

車を降りてまず目に飛び込んできたのは、コバルトブルーに輝くトラフシジミ(春型)です。

毎年どこかしらで見かけるシジミチョウの仲間ですが、狙って出会えるチョウではないので

見つけると嬉しくなります。特に春型は、翅裏のストライプ柄も美しくて惚れ惚れします。

雨上がりだからか、林縁では昆虫の動きが活発でした。昆虫相の豊かさは植生の豊かさを

反映するので、珍しいかどうかにかかわらず、主要なものは記録をとります。その場で

わからない種類もあり、調べものが増えるわけですが、それはそれで楽しく身になります。

順に、ナミアゲハ、トビサルハムシ、キバネホソコメツキ、ケブカキベリナガカスミカメ、

ジョウカイボン、エダナナフシです。トビサルハムシは久しぶりに見たのですが、名前を

すっかり忘れていました。ブログを読み返して、“あぁそうだそうだ”と思い出しました。

なんと、ちょうど1年前の5月2日に子どもたちと一緒に虫メガネで観察していたのでした!

こんなこともあるから、どんなに駄文であっても、記録を残しておいて正解だったなぁと。

印象に残った植物も一部ご紹介します。順に、ウリカエデ、ヤマツツジ、コゴメウツギ、

ニガナ、シロダモ、オオハンゲです。シロダモの芽吹きは何度でも触ってしまいます。

軟らかくて、毛がふわふわしていて、本当に“うさぎのみみ”そのものなんです。

最後の1枚はオオハンゲですが、ムサシアブミと並んで最近見かける機会がどんどん増えて

いるように感じます。本来はもっと暖かい地域に生えるものなので、丘陵地に発生して

いるオオハンゲは栽培品が逸出して定着したものでしょう。やはりこうした植物の増加も

気候変動などが関係しているのでしょうか。調査を続けていると、気になってしまいます。

おまけ。鳥の頭骨!?・・いいえ、これはオニグルミ。アカネズミの食べた痕跡です。

川から近いこの緑地にはオニグルミが多く、やっぱりアカネズミが棲んでいるのでした。

Commentaires


bottom of page