top of page

ジャケツイバラ

12月24日、先日のことですが、やまざと駐車場入口付近に移植されている御殿峠産の

ジャケツイバラを観察しました。昨年に続き、今年も立派に花を咲かせてくれました。

今の時期はどうなっているかというと、葉っぱは一枚も残らず落ちて、トゲトゲのつるが

まるでヘビのように絡み付いているのみです。この様子が名前の由来にもなっています。

トゲトゲの枝をよく見ると、可愛らしい葉痕が見つかりました。どこかで見たような・・?

そうだ!北欧の森の妖精、トントゥです。つい先日、トントゥ作りのイベントが行われた

ばかり。私は参加できなかったのですが、そのレポートを見ていたので思い出しました。

葉痕を楽しんでいると、肩がトゲに引っかかって抜けられなくなってしまいました。

斜め下向きの鋭いトゲは、他の植物に絡んで上へ上へと登っていくための足掛かりです。

年数が経った幹の根元部分では、トゲが肥大化して恐竜の骨のようになっています。

また、ジャケツイバラといえば、もう一つ注目したい面白ポイントがあります。冬芽です。

冬芽の兄弟が身長順に並んでいます。小さいほうの2つは予備芽といって、長男坊の芽が

食べられたり成長できなかったりした際の、いわば保険のような役割を果たしています。

このような予備芽を持つ植物は、他にはあまり例がありません。ぜひ探してみて下さいね!


コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page