top of page

サラサウツギ満開

5月16日、長池公園自然館や駐車場の周りで、サラサウツギが見頃を迎えています。

公園整備時に植栽されたものですが、長池公園の風物詩の一つとして親しまれています。

うっすらピンクに色付いた花びらが、何枚も重なって房状になるのが特徴です。

周辺では、本家のウツギやその八重咲き品種(シロバナヤエウツギ)も見ることができます。

昨年の記事でこれらの写真を載せているのでご覧下さい。卯の花くたし (h-yugi.org)

こちらも見頃のガマズミです。辺りに、鼻に突く感じのちょっといや~な香りが漂います。

この強い香りに誘われて、ハナムグリやアブなどの昆虫が次から次へと集まってきます。

さて、専門学校の校外実習は本日が最終日。調査結果をまとめて発表会を行いました。

前座として、初日に学生の皆さんが仕掛けたセンサーカメラの撮影結果を確認しました。

3日間で撮影された野生動物は、ニホンアナグマ、ハクビシン、アライグマ、ガビチョウ、

キジバトの5種類。ため糞のそばに仕掛けたのに、タヌキが写らなかったのは意外でした。

植物調査の発表も、皆さんの個性が出ていて素晴らしかったです。この実習をきっかけに、

通学時や出かけ先で、道ばたの草花に目が向くようになればいいな・・と願っています。


Comentarios


bottom of page