top of page

エナガの巣

2月26日、先週21日の緑地作業中にエナガの巣が落ちているのを見つけました。

野鳥の古巣を拾うのは珍しいことではなく、特にエナガの古巣は毎年どこかで拾います。

しかし今回は事情が違い、落ちていたのは完成間近か出来立てほやほやの新しい巣でした。

エナガは、他の小鳥よりも早い2月から巣作りを始め、まだ寒いうちから抱卵に入ります。

これからという時に、不運にも、風雨など何らかの要因で巣が落ちてしまったのでしょう。

それにしても、エナガの巣は驚くほど巧妙なつくりをしています。

まず、太い枝の分かれ目などに、集めてきたコケを積み上げてドーム型の外装を作ります。

それだけでは崩れて形にならないので、ガの繭やクモの巣から糸を調達し、

嘴と足を使って器用に縫い込んでいきます。

最後に内装として羽毛や裂いた杉の皮を運び込み、中に敷き詰めてようやく完成です。

内装に羽毛を使うのは、寒いうちから子育てを行うために重要な断熱加工なのです。

以前、パークキッズレンジャーの活動で、エナガの古巣を解体して調べたことがあります。

内装に使われていた羽毛は、ムクドリ(尾羽)、モズ(風切羽)、アオジ(風切羽)、

メジロ(風切羽・体羽)、ウグイス(尾羽)、コジュケイ(体羽)、キジバト(体羽)などでした。

1つの巣に、少なくとも7種類以上の野鳥の羽を拾い集めて使っていたのです。

鳥の羽集めに凝っていた子が、「私よりも羽を探すのがうまいね!」と言っていました。

さて、冒頭の使用前に落ちてしまったエナガの巣を前にして、哀れんでいると・・

私のすぐ後ろを「ジュルリジュルリ」と鳴きながら、1羽のエナガが通過していきました。

その顔をよく見ると、嘴にしっかりと羽毛を咥えているではないですか!

“私たちに、失敗を気にしている時間なんて無いんだよ!”とばかりに、こちらをチラ見。

なんだか、子育て中の私のほうが背中を押された気がしたのでした。


Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page