top of page

ウシハコベ

10月8日、先日までの猛暑が嘘のように、日中でも肌寒く感じるほどの気候になりました。

堀之内番場公園を散歩していると、大栗川の旧流路に沿って作られた水路(水たまり)の

ほとりにウシハコベが咲いていました。湿っぽいところが好きで、カンカン照りのアスファ

ルトなんかには決して生えません。また、この仲間ではもっとも遅い時期まで花を見ます。

葉っぱはタデの仲間かと思うほど大きく、相対的に花が“小顔”に見えて気品を感じます。

ハコベの仲間は5枚の花びらが深く切れ込んで、10枚あるように見えるのが共通の特徴。

一般的なハコベ(コハコベとミドリハコベ)との決定的な違いは、花柱が5個あることです。ハコベの花柱は3個なので一目瞭然。ただこの特徴は近くでよく見ないとわからないので、

必然的にかがんで顔を近付けることになります。そこであることに気が付くはずです。

それは香りです。あまり知られていませんが、ウシハコベの花には微かに芳香があります。

私の知る限りでは、このことを記した図鑑や本はほとんど無く、香りのある植物だけを

集めたある図鑑(現在は絶版)に、「本を書くにあたり、手当たり次第、雑草を嗅いでいたら

ウシハコベの花が香ることを発見した」というニュアンスのことが書かれていたことから、

私も試してみたのです。実際にウシハコベの花はどの子も香りがあることがわかり、

以来、見かける度に花を嗅ぐようになりました。観察のきっかけを作ってくれたこの本は、今も愛読しています。私も皆さんに観察のきっかけを提供できていたら良いのですが・・!

9月27日の記事で話題に取り上げた「チュウゴクアミガサハゴロモ」がたくさんいました。

不思議なもので、この昆虫もメールがきっかけとなり、それからというもの、あちこちで

目に留まるようになりました。こんなに身近な存在だったとは・・ひたすら驚きです。

車検の待ち時間、30分程度の散歩でしたが、秋を感じるシーンとたくさん出会えました。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page