top of page

紅白のオオミゾソバ

10月20日、夕方の巡回中に立ち寄った堀之内沖ノ谷戸公園で、オオミゾソバが満開でした。

ここには桃色と純白の花が両方あり、まるでお菓子の世界に迷い込んだかのようです。

由木周辺で見られるミゾソバの仲間は、オオミゾソバ、ミゾソバ、ヤマミゾソバの3種。

これらは複数の形態的特徴から見分けることができます。オオミゾソバの一番の特徴は

その手触り。全体に毛が多く、葉っぱを触るとフワッとした気持ち良い感触があります。

近くの緑地の一角で思わぬ発見がありました。リンドウ科の草原性植物、センブリです。

まだ全て蕾でしたが、見事な群落で、これまで気が付かなかったのが不思議なほど。

この場所は毎年何度か草刈りを行っているので、近々、保護柵を設置したいと思います。

葉っぱを1枚だけ拝借してかじってみました。千回煎じて振り出しても苦みが消えないと

いういわれから付けられた名前のとおり、喉を刺激するような強い苦みがありました。

私は結構この苦みが好きなので、センブリを見つける度に、かじってニンマリしています。

日中は2か所の民有緑地で植物調査を行っていたので、植物づくしの一日となりました。

調査の仕事は、どんなに忙しくても植物が疲れを癒してくれるので、幸せなもんですね笑。

写真は順に、タチクラマゴケ、サクラオグルマ、キミタチバナ(カラタチバナの品種)です。

写真をあまり撮っていなかったので、マニアックな種類ばかりですみません・・

ところで、長池公園で連日賑わっていたノゴマですが、昨晩のうちに旅立ったようです。

20日も見学者が多く訪れていましたが、確認できた方はいらっしゃらなかったとのこと。

無事に海を越え、越冬地へ到着できますように!・・流星群に願いを込めましょう。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page