top of page

コガタコガネグモとカヤツリグサの草遊び

8月11日、ながいけの道を散歩中にコガタコガネグモを見つけました。

園内ではそれほど珍しいクモではありませんが、人の顔に見える模様が独特で、

つい足を止めてじっくり観察してしまいます。足の揃え方も面白いですよね!

高原の花のイメージが強いセリ科の大形植物、シシウドがながいけの道で開花中です。

多摩丘陵でも、野猿峠周辺など植生の豊かな地域には細々と自生しています。

駐車場に戻ると花壇の縁にカヤツリグサが穂を出していたので、その場に居合わせた別の

スタッフに、この茎を使った楽しい草遊びを教えました。茎の両端をそれぞれが持って

二つに裂き、引っ張っていって四角ができれば成功、という相性占いのような遊びです。

茎の断面が三角形という性質を利用した“蚊帳吊り”は、名前の由来にもなっています。

その後、事務所にいたスタッフ全員で総当たり戦が行われ、盛り上がったそうです。

身近な雑草に関心を持ってもらうには、大人も子どももやはり草遊びが一番ですね!

午後からは、本日11日にオープンしたばかりの「生きもの展示室」を覗いてきました。

あったかホール(北野環境学習センター)内の旧浴室を全面改装して作られた展示施設です。

私たちの団体(NPOフュージョン長池)が、この施設の企画と管理運営に関わっています。

浅川の生き物などの生態展示や解説、お絵描きやふれあい体験など、様々なコンテンツが

詰め込まれた楽しく素敵な空間に!お近くの方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。(※オープニングイベントを8/20まで毎日開催中です。以下はオープン初日の様子です。)

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page