top of page

車窓観察

3月2日、今週は車での移動が多かったのですが、いつも助手席にカメラを置いていました。

移動中の車内で何かに出会った時、後悔しないためです笑。もちろん車は路肩に停めます。

先日、目の前にふわふわなジョウビタキ(雄)が飛んできたので、慌てて車を停めました。

多くの野鳥は車を警戒しないので、お互いに落ち着いて観察ができます。体を膨らませる

しぐさは、体と羽毛の間に隙間を作って体を温めるために行っていますが、それと同時に、

肩の力を抜いてリラックスした状態にあることも表しています。以前も書きましたが、

猫が香箱座りをするのと同じ理屈です。緊張状態の鳥は、すぐに逃げられるように羽毛を

体に密着させてシュッとしているので、その鳥の状態がふっくらか、ほっそりかを見る

ことは、自分の行動が鳥(相手)にストレスを与えているかどうか判断する目安になります。

窓越しにイソヒヨドリを見つけました。触れるくらいの距離です。ただし、後ろから車が

来ていたので一度、駐車場に停めてから降りて戻りました。そうしたら、このくらいまで

近付いたところですぐに飛んでいってしまいました。やっぱり車を降りたら負けなんです。

信号待ちの車窓から植物を発見することもよくあります。中央分離帯や路側帯付近は

ふだんほとんど歩く機会が無い場所なので、車から見つけることのほうが多いのです。

写真は国道沿いに群生していたトウダイグサ。普通種ですが、街なかで出会うと嬉しい!

先週の車窓観察で一番印象に残ったのはこちら。一見するとナズナ(ペンペングサ)ですが、

果実の形がナズナよりも細長く、横幅よりも縦幅のほうが明らかに長い特徴があります。

ナズナの基準変種で外来系統のホソミナズナです。こんな細かい違いのものを車窓から

見つけるなんてどうかしているので、心を入れ替えて、安全運転に努めたいと思います。

おまけ。長池公園では、アオイスミレに続き、タチツボスミレも各所で咲き始めました。

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page