top of page

鴨池かいぼり準備と見附橋展示会

10月11日、東中野公園でマスターズプログラム(シニアボランティア)の活動を実施。

夏の間は暑さを避けて休止していたので、久しぶりの活動再開となりました。

東中野公園では、外来種駆除を目的とした鴨池のかいぼり(水抜き)を今月の後半から

予定しています。そんなことなどつゆ知らず、穏やかに眠るカルガモのペアを横目に、

かいぼりの下準備として、サインを付けたり、せっせと穴を掘ったりしました。

「・・あな??」そう、子どもがすっぽりおさまるくらいの大きな穴です。

この大きな穴の目的がいったい何なのかは、皆さんのご想像にお任せしますね。

午後からは南大沢駅前のガレリア由木(イトーヨーカドー)5F、ギャラリースペースへ。

夏休み期間に子どもたちによる昆虫展を企画開催したあの場所で、今度は見附橋の展示会を

開催することになり、搬入を行いました。見附橋の竣工110周年を迎える今年は、

見附橋が現在の場所(長池公園)に移設されてから30年という節目の年でもあります。

豊かな自然に囲まれ、多摩ニュータウンのシンボルとして地域の皆さんに親しまれてきた

見附橋の第二の人生(?)を写真で振り返ってみよう、というのが今回の展示会の主旨です。

展示にご協力いただいた皆さまには、この場を借りて改めて感謝申し上げます。

買い物などで近くにお越しの際は、ぜひ会場へ足を運んでいただけたら嬉しいです!


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page