top of page

風まかせは鳥泣かせ

12月21日、辺りも薄暗くなってきた頃、自然館前のウッドデッキにアオジがいました。

「全然逃げないアオジがいる。」と噂には聞いていたのですが、この子のことですね。

確かに、人を気にする様子は全く無く、犬を連れた来園者がすぐ脇を通っても動じません。

それどころか、どんどんこちらへ近付いてきて、カメラの画角からはみ出してしまいます。

じっと観察していると、地面にこぼれ落ちたタイアザミの種子(綿毛)を咥えました。

そして嘴に咥えたまま行ったり来たり。アザミの種子は風散布なので、鳥に食べてもらう

ことは望んでいないはずです。鳥の羽と同じ構造の綿毛を纏い、風に乗ってどこまでも

遠くへ飛び立っていきたかったことでしょう。一方、アオジのほうも、長い綿毛に

苦戦している様子。タネだけを食べたいのに、この毛が邪魔だなぁ・・という感じです。

皆さんもこの子を見かけたら、ぜひその愉快な行動をじっくりと観察してみて下さい!

ところで、午前中は市内の民有緑地の調査へ出張しました。調査は今日で年内最後です。

多くの植物はすでに枯れ果てており、調査は困難を極めました。その中でも、印象に残った

2つの植物をご紹介します。まずはヒメヤブランです。つい、実と表現したくなりますが、

写真の黒い粒は種子(果皮が早くに脱落して剥き出しになった状態)です。ヤブランと違って

光沢が鈍く、ジャノヒゲのような鮮やかな青色でも無い、ひっそりとした佇まいですね。

見逃しやすい植物ですが、墓地の周りや林に面した芝草地など、日当たりの良い環境では

それほど珍しい種類ではありません。長池公園でも駐車場付近などで見ることができます。

もう1つはホオノキの大木です。ホオノキ自体はよく見かけますが、株立ち状のものが

多く、写真のように1本立ちで盛大に枝を広げた姿は圧巻でした。落ち葉の絨毯も凄い!

今年も無事に調査の仕事を遂行できました。来年も事故やケガにはくれぐれも気を付けて、

フィールドワークに従事していきたいと思います。良い出会いに恵まれますように・・!

おまけ。季節外れのヒメウズの花と果実です。周りはみんな越冬葉なのに、どうしたの?

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page