top of page

耳で捉える小鳥たちの季節

10月13日、涼しくなり、小鳥たちが存在感を増してきました。

この頃、築池からカワセミの元気な鳴き声が、自然館の事務所内まで聴こえてきます。

「チッチー、チーー」というオイル切れの自転車のブレーキ音そっくりな声です。

雑木林トレイルの登り口、水没林と呼んでいる入江の辺りにいることが多いようです。

今朝は、事務所にカワセミよりももっと歯切れの良い「ヒッ、ヒッ」という声が響いて

きました。中庭へ出てみると・・いました!冬鳥のジョウビタキ、男の子です。

昨年まで3年続けて10月21日が初認日だったので、“10月21日はジョウビタ記念日”なんて

言っていたのですが、それよりも1週間早い渡来にちょっと驚きました。

国内で繁殖した個体か、これからさらに越冬地まで南下する通過個体なのかもしれません。

自然館前の駐輪場の裏手からは「ヒーッ、ピュルルル」という声も聴こえてきました。

こちらは夏鳥のキビタキの地鳴きです。樹冠付近に雌の姿を見つけることができました。

キビタキは夏鳥の中では渡去日が遅いほうなので、11月の終盤近くまで見かけます。

冬鳥の「おかえりなさい」と夏鳥の「行ってらっしゃい」が入り交じるこの季節、

私の耳は自然と鳥モードに切り替わります。バードリスニング、とても楽しいですよ!

さて、今日も植生調査、イベント下見、企画の打ち合わせなど盛りだくさんの一日でした。

イベント下見中に出会った昆虫を少しご紹介。ヒメハサミツノカメムシ、セスジツユムシ、

シンジュサンの繭です。シンジュサンの繭はゴンズイの枝に複数ぶらさがっていました。

一方、自然館の石の廊下ギャラリーでは、毎年恒例の「わぉ!な生き物フォトコンテスト

写真展」が本日から始まりました。思わず「わぉ!」と驚くような楽しい写真が満載です。

3枚目はブログとの連動企画(?)、記事で紹介した木の実を受付に置かせてもらいました。

長池公園へお越しの際は、ぜひ自然館内の展示も覗いてみて下さいね!


ความคิดเห็น


ปิดการแสดงความคิดเห็น
bottom of page