top of page

程久保の動植物

5月22日、講師のお仕事で多摩動物公園駅(日野市程久保)周辺の里山を散策してきました。

駅を降りるとすぐにホトトギスのさえずりが聴こえてきます。程久保川の支流、流れに

沿って小径をのんびり歩いていくと、林縁でたくさんの出会いが待ち受けていました。

足もとの葉っぱにウラナミアカシジミがじっとしていました。ゼフィルスと呼ばれる

初夏の一時期にだけ出現するシジミチョウ類の一つです。やっと姿を見せ始めました。

先週歩いた時にはまだ蕾だったナツハゼの花が開花していました。ブルーベリーそっくり

ですが、丘陵地の尾根などに自生する低木です。出会うと嬉しい植物の一つですね。

雑木林はすっかり緑が色濃くなり、草花の多くはいったん中休みという感じでしたが、

珍しいヒロハノカワラサイコやヤブムグラの群落をはじめ、ナワシロイチゴ、ヒメハギの

果実などを見ることができました。ヒメハギの果実がこんなに愛らしいとは、驚きです!

もはや恒例となった「今日のタマムシ」はこちら。ウツギの葉裏で見つけたチビタマさん、

アカガネチビタマムシです。隣を歩くアリと同じくらいの超ミニチュアサイズなのです。

その他の昆虫です。ムネクリイロボタル、ベニボタルの一種、キスジセアカカギバラバチ、

フタホシオオノミハムシ、アオジョウカイ、ラミーカミキリ、ヨツモンカメノコハムシ、

トサカグンバイ、ホソオビヒゲナガです。どんどん現れて、なかなか前に進みません。

そういえば、5月22日は国際生物多様性の日だったことを思い出しました。そんなことも

つゆ知らず、私たち一行は、東京の里山が育む生物多様性を心から満喫していたのでした。

Σχόλια


bottom of page