top of page

梅雨の草花と麻布大学授業対応

6月12日、しとしとと降り続く雨の中、自然館前のウツボグサが咲き始めていました。

花後の枯れかかった穂を天日干しにしたものは、その姿から「夏枯草(かごそう)」と呼ばれ

生薬として利用されてきました。利尿効果があり、うがい薬などにも用いられるそうです。

この他、そばではトモエソウ、カンガレイ、ノハナショウブなど、梅雨らしい花が勢揃い。

午前中の来客対応中、目の前を黒っぽいホタル類(多くは発光しない)が横切ったので、

空中でキャッチしました。今年、昼行性のホタルではムネクリイロボタルが圧倒的に

多く、他の種類はあまり見かけなかったのですが、掴んだ手をそっと開いてみると・・

正体はクロマドボタルでした。眼の下あたり、胸部上方には透明の窓が2つあります。

手から飛び立つと、その先にあったピンク色のファイルに止まりました。

窓の部分にファイルのピンク色が透けて見えているのが、わかりますでしょうか?

午後からは、麻布大学環境科学科の1年生60名以上が校外授業で来館しました。

「SDGsと未来共生科学」という選択科目の一環として行われたもので、

環境保全、SDGs、OECMといった分野に興味のある、熱心な学生さんたちばかり。

前半は室内で講義、後半は各自で実際に園内を歩いてもらいました。

短い時間の中で、皆さんにとって、一つでも学びや気付きがあればと願うばかりです。

学生の皆さん、悪天候の中、本当にお疲れさまでした!


Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page