top of page

木々の芽吹き

3月12日、冬を乗り越えた落葉樹の木々の芽が、次々に動き始めました。

揃いも揃って、天に向かって葉を広げていくさまは、見ているだけで元気が湧いてきます。

私のイチオシは、長池公園自然館の正面入口付近に植栽されたゴマギの芽吹きです。

他にも、園内では様々な木々の葉が展開してきていますので、その一部をご紹介します。

どの種類も、エネルギッシュなだけでなく、それぞれに個性があって美しいですよね!

全ての種名がわかった方はかなりの樹木通、いや、“芽吹き博士”に違いありません。

種名は左上から順に、ヤブデマリ、リキュウバイ、メギ、マユミ、ニワトコ、ノイバラ、

ガマズミ、クロウメモドキ、イボタノキ。写真が悪く、わかりづらくてすみません・・

七十二候では「桃始笑(ももはじめてさく)」と表現される今の時期。

自然館前庭でもハナモモが見頃となっていますが、“さく”を“笑”としているのが

とても素敵ですね。にっこりと微笑むように、ふわっと花開く様子が伝わってきます。

木々の芽吹きも花木の開花も、私たちに笑顔を届けてくれる春のほころびですね!

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page