top of page

年始のご挨拶

1月1日、夕方に能登半島地震が発生しました。最大震度7、大きな津波も観測されました。

この記事を書いている今も、現地での被害の様子や余震の速報が次々に伝えられてきます。

被害を受けられた皆さまへお見舞い申し上げるとともに、ご無事息災を祈念しております。

地震発生のわずか10分前のことですが、新年早々、オオタカを観察することができました。

また、5分前には遊水地の水面に浮かぶ雌のミコアイサを観察しました。地震発生前後で、

水鳥たちの動きに目立った変化は無いようでした。車に戻り、ニュースを見て驚きました。

さて、あと数日でブログの投稿が365件、すなわち開設から一年が経とうとしています。

日々の出会いや発見を記録に残し、感動を共有すること。その楽しさを味わってきました。

“自然保護の父”と呼ばれたジョン・ミューアはこんな言葉を残しています。

「In every walk with nature one receives far more than he seeks.」

「自然と散歩するたびに、自分が求める以上のものを得る。」

私がこのブログを通して皆さんと共有したいことに、限りなく近い気がします。

思いがけない形で幕を開けた2024年ですが、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

最後に、今年の干支に因んでジャノヒゲの園芸品種“タマリュウ(玉竜)”を掲載し、

新年のご挨拶とさせていただきます。皆さんの良き一年を祈願しております。


コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page