top of page

一途にメジロ

2月9日、午前中に来客があり、それまでの時間は築池でメジロを観察していました。

ここ3年ほど、メジロにこだわって観察を続けています。身近な小鳥の生態をもっと

よく知りたいという思いから、長池公園でも比較的観察しやすいこの鳥に注目する

ことにしたのです。繁殖生態から、四季を通じたとてもグルメな食生活まで、色々と

明らかになってきました。どこかのタイミングで展示会でもできたらと考えています。

この日はガマズミの実を食べにきていました。もうガマズミの実はとっくに干からびて

色も抜けてしまっています。言われなければそれとわからないほどです。にも拘わらず、

メジロたちは枝先に残った数粒を「今が旬!」とばかりに、丁寧についばんでいました。

午後は、出張芸術祭で使われた多摩美術大学の作品を学園都市センターまで運びました。

ヤマタノオロチが荷台のあおりの上から豪快に飛び出して、まるで移動動物園状態に・・

道行く人々の視線を感じながらの運転となりました笑。お、車窓からイソヒヨドリみっけ!

一方、自然館ではアルバイトとインターンシップの大学生コンビが館内のお仕事を

たくさんこなしてくれていました。キットパスの可愛い見出し、さすがのセンスですね!

追記:先日2月8日の記事で投稿数が400件に達していました!

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page