top of page

ヤブサンザシ

3月26日、訪れる人も少ない春霖(しゅんりん)の長池公園。傘を差して一回りしました。

昨日の記事にも書きましたが、雨の日の散策は出会いが多くてワクワクしてしまいます。

先週くらいからヤブサンザシが咲き始めました。雌花と雄花がそれぞれ異なる株に咲く

雌雄異株の植物で、長池公園のものは全て植栽品。自然館前の個体は相原産の雌株です。

バイモの咲いているそばや自然館外トイレ付近では、小山ヶ丘産の雄株も咲き始めました。

東京都では絶滅危惧ⅠA類に指定されるほど希少な樹木で、自生地はごく限られています。

自然館ではもともと雌株を移植栽培していましたが、数年前に小山ヶ丘の斜面林の藪の奥で

偶然見つけた雄株も仲間入りしました。ぜひ雌雄の花の違いを見比べてみて下さいね!

写真の上3枚は雌花で下3枚は雄花。雄花のほうが花柄が長く、花もより大きくなります。

ちなみに5つないし6つの花びらのように見える部分は萼裂片で、本当の花びら(花弁)は

それらの間に見える黄色いヒレ。写真でもなんとか視認できますがわかりますでしょうか?

こんなに小さな花びらなら、あっても無くても変わらないような気がするのですが・・。

今日は一日を通して、バス通り沿いのヨウコウの開花状況に関するお問い合わせが多数。

木によってばらつきはあるものの、所によっては八分咲きくらいまで咲き進んでいます。

明日27日のお天気次第では、早くもお花見日和となるのではないでしょうか。

人気のアーモンドも自然館中庭でまだまだ見頃。今までで一番たくさん花を付けています。

いつの間にか足もとのキランソウが花盛り。コブシは花の下から葉も顔を出してきました。

ながいけ橋の植え込みでは美しい芽吹きを見つけました。この羽状複葉はノイバラですね。

雨に打たれる植物たちの愛おしいこと。雨降り“だからこそ”、散策に出かけましょう!

おまけ。専門学校東京テクニカルカレッジの学生グループが堀之内番場公園の竹を活用して

竹灯籠を製作し、キャンパスで展示を行いました。その協力の御礼に、こんな素敵な作品を

届けてくれました。「ようこそ長池公園へ」・・学生さんの粋な心遣いにグッときますね!

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page