top of page

メカイ製作技術が都の無形民俗文化財に

3月4日、長池公園自然館のレジ横に陳列されている“カゴ”をご存じでしょうか?

これらは里山に自生するシノダケ(アズマネザサやメダケなどのササ類)を使って

作られる「メカイ」と呼ばれるもので、東京の南多摩で受け継がれてきた手仕事です。

江戸時代から昭和前半まで、当地の農家が冬の農閑期に大量生産し、日常生活用具として

のみならず、都市部の商店へ出荷・販売も行うなど、重要な収入源にしていたそうです。

自然館では、このメカイ製作技術を伝承する市民団体の一つ、「八王子由木メカイの会」が

製作したメカイを販売しています。また、同団体は公園アドプト団体にも登録しており、

公園内のシノダケを刈り取ってメカイの製作に活用しています。

先月15日、「南多摩のメカイ製作技術」が東京都の無形民俗文化財(民俗技術)に指定され、

多摩めかいの会とともに、八王子由木メカイの会がその保存団体として認定されました。

由木を代表する伝統文化、メカイ。文化財指定を契機として、メカイへの関心が高まり、

その製作技術も広く受け継がれていくことを願っています!

今日のおまけ。買い物に出かけたショッピングモールの広場で、面白い虫を見つけました。

フユシャク(冬に見られるガの仲間)の一種、ヒロバフユエダシャクのメスです。

この仲間はメスの翅が退化しているのが特徴で、本種には、飾り程度の短い翅があります。

出現時期は遅いほうで、主に早春が発生のピーク。まさに今頃ですね。

ちなみにヒロバは「翅が広い」という意味で、「広場」ではありませんのであしからず笑。



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page