top of page

ミドリタチツボスミレと“うさぎのみみ”

4月17日、長池公園の外周バス通り沿いの緑地管理作業中に、面白いものを見つけました。

花びらが葉化したタチツボスミレの一品種、ミドリタチツボスミレです。

葉化の度合いによる違いなのか、様々な色や形のものがあり、見ていて飽きません。

これらの多くは距(中に蜜のある突起)も消失していて、不自然に上を向いて咲いています。

長池小学校入口バス停から長池公園西のバス停にかけての範囲に、点々と見つかりました。

葉化現象のメカニズムについて、詳しくは3月29日の記事をご覧いただければと思います。

昨日の記事に載せたキュウリグサの帯化個体といい、カワリモノと縁がある今日この頃。

身近な植物でも、よくよく観察してみれば楽しい発見に満ち溢れているものですね!

そのほか、アリアケスミレ(左のスゲ類はノゲヌカスゲ)、ヒゴクサ、モエギスゲなどが

ありました。モエギスゲは、中央からツンと飛び出した雄小穂の模様がとってもオシャレ!

長池前広場に続き、ここでもトヨラクサイチゴが咲いていました。やはり葉形が独特です。

長池公園では希少なハルニレの幼木。最初に見つかった時よりもだいぶ大きくなりました。

ブログ登場3回目のアシナガオトシブミは、黒化が進んで前胸も脚も黒くなっていました。

色味が変わると、印象もだいぶ違います。図鑑でよく見るのはこちらのタイプですね。

最後は今日のとっておきです。シロダモの新しい葉が次々と芽吹いてきました。

別名の“うさぎのみみ”は、この芽吹きの様子をウサギの耳に例えたといいます。

確かに、色や形、毛の触り心地といい、垂れ耳のウサギさんそっくりです。

今年は兎年ですので、皆さんもぜひ“うさぎのみみ”に会いに行ってみて下さい!

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page