top of page

ミズユキノシタの変わり花と八王子まつり

8月5日、昨日の記事に登場した“植物に詳しい方”が、自然館中庭で保護栽培中の

ミズユキノシタの中から、面白い変わり花を見つけ、知らせて下さりました。

通常、ミズユキノシタの花には花びら(花弁)が無く、4つに分かれた萼片と、雄しべ4本、

雌しべ1本という構造になっていますが、この花にはなんと花びららしきものが4つ

あるのです。雄しべもちゃんと見えるので、雄しべが花弁化したわけではなさそう・・

他の花にはこのような特徴は見られなかったので、奇形花ということなのかもしれません。

※近縁の外来種、アメリカミズユキノシタには、もともと黄色い花びらがあります。

さて、今日は4年ぶりに開催された「八王子まつり」に足を運んできました。

会場は物凄い人出と熱気に包まれており、人が多すぎて通信がパンクするほどでした。

19台の山車巡行は今年も圧巻!どの山車も、町民の熱量が伝わってきて迫力満点です。

ニュータウン住民の私には、中心市街地の人や町の空気がとても新鮮に感じられました。


תגובות


התגובות הושבתו לפוסט הזה.
bottom of page