top of page

パークキッズレンジャーXmas会

12月23日、夕方に体験ゾーンを散策しました。凍てつく寒さの中、里山のいえ付近では

レンギョウがよく咲いていたほか、田んぼの畔に霜柱が連なっていました。

最近知ったのですが、西日本では霜柱の見られる地域がごく限られているのだそうです。

霜柱のできる条件の一つに、“空気の隙間の多い土壌”があります。関東地方で霜柱を

当たり前のように踏めるのは、関東ロームの土がその条件に当てはまるからでしょうね。

つくいけの道にはアオジとガビチョウの群れが降り立ち、築池中央にはトモエガモの姿も。

さて、今日は今年最後のパークキッズレンジャー活動。自然館でXmas会を開催しました。

オリジナル歌詞のクリスマスソングを合唱したり、地域や公園に関するクイズにチャレンジ

したり、中庭でネイチャーゲームに取り組んだり。そして最後にはお待ちかねのプレゼント

交換タイムも!最後まで、子どもも大人も大盛り上がりの楽しい時間となりました。

パーキッズの皆さんには日頃から感謝の気持ちでいっぱいです。来年もまた、色々なことに

挑戦しつつ、楽しい活動をどんどん企画していきたいと思っています。乞うご期待です!

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page