top of page

ドングリキンカクキン

10月22日、今から115年前の今日、日本で初めて「図鑑」の名の付く本が刊行されました。

その本とは、村越三千男(東京博物学研究会)著・牧野富太郎校訂による『植物図鑑』。

理科教育や自然観察に欠かせない「図鑑」に、これほど長い歴史があるとは驚きです!

ⅮXの時代に突入し、AI技術の発展によって、図鑑に代わる様々な同定アプリが登場し、

当たり前のように使われるようになりました。便利な世の中ですが、図鑑とフィールドを

行ったり来たりしながら自然や生き物と接してきた私にとっては、少し寂しさもあります。

「形あるものを立体的に捉え、想像力を育む図鑑の魅力をより多くの人に知ってもらう。」

図鑑の日を制定した「絵本と図鑑の親子ライブラリー ビブリオ」はこう提唱しています。

子どもたちがわくわくしながら図鑑のページをめくる光景を、ずっと大事にしたいですね。

さて、昨日の記事の続きになりますが、谷底部の湿った林床をササ刈りしていたところ、

茶碗型のキノコを見つけました。キノコは詳しくないので、チャワンタケの仲間?・・

くらいに思って引っこ抜いてみると、なんと一緒にドングリがくっついてきました!

半信半疑で周りの同じキノコも調べてみると、全て朽ちたドングリから発生していました。

小学館の「図鑑」で調べてみると、ドングリキンカクキン(別名ナラミノチャワンタケ)と

いう名前のキノコであることがわかりました。腐ったドングリから生えるものだそうです。

私は初めてお目にかかったので、そのビジュアルに衝撃を受け、すぐに作業の手を止めて

皆さんにも見ていただきました。数や生え方などが一つ一つ違っているのも魅力的です。

そのすぐそばの朽木には、ロクショウグサレキンの仲間がたくさん付いていました。

名前のとおり美しい緑青色の極小キノコで、湿った林の下ではよく見かける顔なじみです。

植物だけとか野鳥だけではなくて、その場所に息づく生命の全てを楽しみ、愛おしむことが

里山についてより深く知ること、味わうことにも繋がります。環境保全活動においても、

生き物的な意味で“誰ひとりとして取り残さない”ことが大切なのではないでしょうか?

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page