top of page

トホシクビボソハムシとエグリグンバイ

4月11日、今年度も民有緑地の調査のお仕事が始まり、市内各地を廻り始めました。

この日はよく晴れた調査日和で、多くの草花を同定に苦労することなく記録できました。

そんな中、全体の特徴はクコっぽいけれど、いまいち自信の持てない植物が現れました。

草刈りの影響なのか、全体に寸詰まりで葉がくたびれて、パッと見が別人だったのです。

その葉上にはおびただしい数のハムシが集まっていました。ハムシは種類によって食草が

ほぼ決まっているので、ひょっとしたらハムシの種名を調べた方が早いかもと思いました。

調べてみると、トホシクビボソハムシであることがわかりました。名前のような“十星”の

斑紋があったり、あるいは全く無かったり、個体によって模様が違うのが面白い特徴です。

さて、このトホシクビボソハムシの食草はなんとクコ一択とのこと!予想どおり、グルメな

ハムシのおかげで正体を確定することができました。ハムシのほうが眼がいいんだなぁ・・

調査中の一コマです。順に、フタホシハバチ、ジロボウエンゴサク、マルバスミレ、

クサボケ、ジュウニヒトエ、ウラシマソウです。里山らしい植物が豊富で楽しくなります。

調査を終えて長池公園に戻ると、中央園路(駐車場裏)のホタルカズラが開花していました。

濃い緑の茎葉が絨毯のように広がり、その中に瑠璃色がポツポツと浮かび上がっています。

カタクリ観察路入口のワダソウ、カタクリ群落内のイチリンソウ、そして梅園付近では

フデリンドウも咲いていました。雑木林の芽吹きのシーズンに花盛りとなる花たちですね。

つくいけの道の左手、斜面の上のほうにヤブレガサの群落があります。面白い形の芽生えが

落ち葉を掻き分けて伸びてきました。その葉上に、面白い形をした昆虫を見つけました。

前胸に風船のような突起があります。まるで、遊園地のアトラクションに乗る時に首を

守るために上からカポッと下がってくるアレのようです。(安全ベルトだったかな・・?)

この不思議な昆虫はエグリグンバイというグンバイムシの仲間。ふだんは自然館前にある

フキの葉の裏などでよく目にする昆虫ですが、同じキク科のヤブレガサで見たのは初めて。

新しい観察スポットを発見できて大満足です!昆虫と植物の繋がりを味わった一日でした。


Comentários


bottom of page