top of page

タンポポとムクドリ

3月20日、長池公園の前のバス通りでは、依然として満開のヨウコウが出迎えてくれます。

「あのピンクの花は何という桜ですか?」という質問や問い合わせが一日を通して殺到中。

一方、園内でもヤマザクラやオオシマザクラをはじめ、複数のサクラ類が咲き始めました。

やまざと広場のオオシマザクラの様子を見に行くと、芝生にムクドリのペアがいました。

左2枚が雄で右1枚が雌。雌雄同色のようですが、よく見ると雄は胸から上が黒いのです。

つい半月ほど前には大集団で過ごしていたムクドリですが、繁殖期を迎えて現在は分散。

やまざと広場から100mほどの距離にある建物でも、毎年営巣しているのを確認しています。

この2羽はカントウタンポポのお花畑で、地上の虫などを探して歩き回っていました。

もちろん、タンポポには目もくれず。“花より団子”・・いや、“花よりダンゴムシ”!?

見事なカントウタンポポの群落は、晴れた日の午前中が観察のチャンスです。

傍らには、小さな小さなヒメスミレが今年もよく咲いています。

下ばかり見ていてうっかり見忘れそうになりましたが、オオシマザクラの多くは咲き始め。

今年はコブシも綺麗です。開花のタイミングが個体ごと、花芽ごとにバラバラのことも

多いのですが、サクラのように同時に一斉に咲くと、やはり見栄えがしますね!


話は変わりますが、今日の午前中は別所小学校へ出かけてきました。

目的は、第2回の授業を担当した、3年生の総合学習「地域の安全マップ」の発表会です。

自分たちで実際に地域を歩いて調べた成果は説得力があり、どれも素晴らしい発表でした。

最後に、長池公園班が製作したポスター新聞と安全マップを提供していただきました。

近日中に自然館内での掲示を予定していますので、来館の際にはぜひご覧下さい。

子どもの目線が捉えた公園内のリスクマネジメントについて、一緒に勉強しましょう!



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page