top of page

センチコガネと都立大学インターンシップ3日目

8月18日、朝から慌ただしく保育園へ向かう途中、“輝き”が目に飛び込んできました。

身近な糞虫として知られるセンチコガネです。思わずポケットティッシュにそっと包んで

出勤しました。綺麗なものを見つけると、「誰かに見せたい!」と思うのは昔から変わり

ません。学校へ行く途中に何かを拾ったり捕まえたりしては、こっそり持って行った

当時の記憶が蘇ります。自分が心を動かされたものは、きっと他人の心も動かすに

違いないという、根拠は無いけれど、期待と自信に満ち溢れたあのワクワク感。

「あー、また何か持ってきたよ~」ではなく、「え、なになに??」と覗き込んできて

くれるあたたかい職場で良かったです。もちろん、しばらく楽しんだ後に放しました。

左の写真はずんずん歩いているところですが、しつこく触ると、このとおり安全体位に。

東京都立大学のインターンシップ活動は今日で3日目。あっという間に折り返し地点です

ヤマザキ動物看護大学からも1名加わって、いっそう和やかな雰囲気に包まれました。

午前中はパークキッズレンジャーの臨時活動に参加し、子どもたちの自由研究をお手伝い。

室内トークを楽しんだあと、水路でビオトープ用のヌカエビやヨシノボリを採集しました。

午後は学生の皆さんからの質問に答える機会を設け、残りの時間でイベント情報ボードの

移動などを行いました。残りの4日間も、たくさんの出会いや学びに恵まれますように!


コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page