top of page

ジョウビタキとコアジサイ

12月13日、気持ちよく晴れた空の下、調査の仕事で市内の民有緑地を廻ってきました。

どこからかジョウビタキの声が聴こえたかと思うと、すぐそばに現れました。

調査の傍ら、ジョウビタキやルリビタキと戯れる時間は、私にとって冬の風物詩です。

今日歩いた雑木林では、美しく黄葉したコアジサイがあちこちで目に付きました。

アジサイの仲間だからきっと葉痕(葉の落ちたあとの断面)が“顔”に見えるはず・・と

思って近くでよく見てみました。真正面ではなく、葉痕が対になっている側面から見ると、

なんだか動物的な癒し系の顔が現れました。皆さんは何に見えますか?・・クマ?カニ?

写真を逆さまにすると、今度は鳥たちが現れます。内側を向いた冬芽が翼のミミズクさん?

さて、このコアジサイですが、由木地区ではほとんど見かけません。ところが丘陵上部の

長沼公園や平山城址公園などでは決して珍しくない存在です。御殿峠付近の深い谷に入ると

一面に群生しているのに出会って感動したことがあります。こうした分布の偏りは単なる

偶然ではありません。コアジサイが、多摩丘陵北西側に分布する御殿峠礫層の堆積面で

「多摩Ⅰ面」と呼ばれる区域に特徴的に出現する植物だからです。他に、ヤマウルシや

ヤマトアオダモも同様の分布を示します。多摩Ⅰ面で見られる植物は、北東側の多摩Ⅱ面と

比べてより山地を好む種類が複数含まれており、西部山地との連続性を強く感じます。

植物の分布を地形学的な視点で捉え直してみると、調査がいっそう楽しくなりますね!

おまけ。午後の調査では、鶏糞(?)が山積みにされた斜面を歩き回ったせいか、

しばらく悪臭がとれませんでした。夕方の会議がオンラインで本当に良かった・・!!

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page