top of page

サマースクールとカワセミの翼

8月17日、サンリオピューロランド主催のサマースクールで自然体験の講師を務めました。

前回3日と同様、多摩センター周辺の自然を観察しましたが、メンバーは総入れ替えです。

今回は全員が女の子ということもあってか、草花遊びの人気が高く、盛り上がりました。

みんなと色々な観察や体験を行った中で、私がもっとも印象深かったのはこちら。

高層ビルの直下にある歩道橋の上を歩いている時に拾ったカワセミの両翼です。

おそらく、このビルの上でチョウゲンボウかハヤブサが、捕らえたカワセミを食べていたに

違いありません。これらの猛禽類は、捕らえた鳥を安全な場所まで運び、羽をむしり

ながら食べる習性がありますが、小さな鳥の場合は翼ごとむしり取って落としていくことが

あります。以前、チョウゲンボウの巣の下でツバメやスズメの翼を拾ったことがあります。

それにしても、弾丸のように水面近くを駆け抜けていくカワセミが、猛禽類に襲撃される

姿は想像できません。この美しい落とし物、羽根をばらして展示に活用したいと思います。

終了後はまさかのサイン攻めに大喜び・・笑。サインは書けないので、ひとりひとりに

小鳥の絵を描いてあげました。思いがけず、私もお手紙をもらいました。大切にします!

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page