top of page

コスズメガヤ

8月12日、米粒のような白い小穂(花の集まり)が美しいコスズメガヤを観察しました。

街中から公園の道ばたまで、もっとも身近に見られる外来雑草の一つですが、

エノコログサ(猫じゃらし)の足もとにもおよばないほど、知名度の低い植物です。

見た目がカゼクサ(多年草で夏の終わり頃から見られる)やニワホコリ(腺が無くて

葉の基部が無毛)と似ているので、それらと混同されている例も多く見受けます。

見慣れれば雰囲気でも見分けられるのですが、イネ科雑草は見慣れるまでが大変なのです。

コスズメガヤを見つけたら、臭いを嗅いでみましょう。カメムシのような、なんとも

いえない嫌な感じの臭いがします。臭いは、各所にある「腺」から分泌されるようです。

決して強い臭いではないのですが、素手で何本も除草したりすると、臭いが指に残ります。

ところで、コスズメガヤの近縁種にスズメガヤという植物があるのですが、こちらは

コスズメガヤとは正反対でとても珍しい種類。私も野外ではまだ見たことがありません。

噂によると、スズメガヤはカメムシ臭がさらに強烈なのだそうです。・・嗅いでみたい!

もしスズメガヤの生育地をご存じの方がいましたら、ぜひ教えて下さい。

おまけ。人気者のエノコログサも今が最盛期。猫でなくてもついつい触ってしまいます!

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page