top of page

クワカミキリとミズオトギリ開花

6月27日、堀之内東山ふれあい北緑道と堀之内東山さくらの公園の草刈りを行いました。

東山方面の公園緑地はどこも公園名が長くて噛みそうです笑。

休憩中、お隣の堀之内こぶし緑地で、大きなカミキリムシを見つけました。

桑やイチジクの樹皮を食べるクワカミキリです。よく探してみると、全部で3匹も。

桑でおなじみのキボシカミキリや、畑から飛んできたヨツモンカメノコハムシもいました。

周囲は畑と芝生に囲まれた開けた環境なのですが、こんなところでもちゃんと生物多様性!

堀之内東山さくらの公園では、植栽されたトキワヤマボウシの花が見事でした。

日本のヤマボウシに見慣れていると、ちょっと節操が無いというと失礼かもしれませんが、

花付きが良すぎて驚いてしまいます。中国原産で葉が常緑のヤマボウシです。

一方、長池公園の築池のほとりでは、早くもミズオトギリが咲き始めました。

長池公園を代表する湿生植物で、花は午後の遅い時間(15時半くらい)から開花します。

体験ゾーンの水路沿いや田んぼ付近で見られるものはまだ咲いていません。

これから8月いっぱいくらいまで、順次、開花を楽しむことができますのでご安心下さい。

自然館中庭では、同じく午後から開花するトウゴクヘラオモダカが咲き始めていました。

そのそばでイシミカワの実も色付き始めていましたが、どちらも見頃はまだこれからです。

蒸し暑い日が続きます。植物観察の際は、熱中症などにくれぐれもご注意下さいね!

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page