top of page

キバナノマツバニンジン

6月19日、今シーズン2周目となる姿池周囲の斜面地草刈りを実施しました。

4人チーム(※私は途中から戦力外)で築池堤防からせせらぎ緑道入口付近まで、

一日かけて全面完了。なにしろ日陰が無い場所なので、こんがりと日焼けしました。

作業中は、築池でカワセミが行ったり来たり。水鳥のカワウも飛来していました。

午後の作業を始めて間もなく、今からまさに刈ろうとしていた芝草地の一角で、

珍しいアマ科の外来雑草、キバナノマツバニンジンが数株開花していました。

場所は長池見附橋下流の左岸斜面最上部です。近隣の緑地数か所にも生育していますが、

長池公園での確認はこれが初めて。今まで気付かずに刈ってしまっていたのでしょうか?

開花時間は極めて短く、午後13時頃に咲き、夕方にはあっという間に閉じていきます。

全体がとても華奢な植物なので、ちょうど花が全開のタイミングに出くわしたおかげで

気付くことができました。もし閉じていたら、他の雑草に紛れていたことでしょう。

そこからさらに下流へ進み、せせらぎ緑道入口付近の左岸斜面最上部では、今年も

ワタリミヤコグサが花を咲かせました。この植物も、以前、草刈りの際に見出された種類。

由木地区内ではこの場所のみで確認されており、黄色からオレンジ色へと変化していく花が

美しいこともあって、例年、草刈りの際に少し刈り残すように注意を払ってきました。

各地で見られる在来のミヤコグサとは、一つの花茎に付く花の数が多いこと、葉が細長い

ことなどから区別ができます。下の写真は同じ斜面にあった在来のミヤコグサです。

キバナノマツバニンジンやワタリミヤコグサのように、外来種であっても、観賞価値が高く

珍しい雑草が発見された場合、来園者の皆さんにも観察を楽しんでいただけるよう、

積極的に刈り残すことがあります。やまざと駐車場のホソバウンランやコゴメバオトギリも

その一つで、毎年、発生を確認したら一帯を刈らないように注意しています。

もちろん、「外来種は全て駆逐せよ!」という考え方もあるとは思いますが、在来植生への

影響がさほど大きくない種類であれば、むしろ「その存在を受け止めて楽しむ」という逆の

発想があっていいのではないでしょうか。そしてそのことが、足もとの雑草に興味を持つ

きっかけにでもなれば、なお嬉しいです。芝生の一角で、意図的に刈り残してある雑草の

群れを見かけたら、ぜひ近くまで行って挨拶してみて下さいね!

最後に、今朝のジュンサイ(3番花の開花2日目)の様子をお届けします。

ぐんぐん伸びてきた雄しべの先から、たくさんの花粉が飛散しているのがわかります。

これまでに咲いた2つの花では、このような状態は観察されませんでした。

新しい蕾が開くたび、毎回違った一面を見せてくれる、本当に興味の尽きない花ですね!

Komentáře


Komentáře byly vypnuty.
bottom of page