top of page

キバナニワゼキショウ

6月9日、堀之内寺沢里山公園の一角で、先日のキクノハアオイに続いてまた珍しい外来種が

出現しました。北米原産のキバナニワゼキショウです。情報提供者のAさんに感謝します。

見つかったのは、テニススクール側の公園看板付近の園路沿い。まとまって咲いています。

おなじみのニワゼキショウは花が紫色ですが、形はそのままに、花が黄色い点が特徴です。

背丈は低めですが、種による違いというよりは、刈り込みの影響を受けたためでしょう。

市内でもちらほらと発生の情報を聞いていたので、これから増えてくるかもしれません。

由木地区で見られるその他のニワゼキショウ類については、以前に記事をまとめています。

さて、この日は「2024 八王子環境フェスティバル」が多摩未来メッセで開催されました。

環境保全や環境対策に取り組む企業や団体が集い、イベント会場は大盛況。長池公園や

東由木地区公園の関係者、関係団体も多く参加されており、互いに交流を深めたのでした。

おまけ。各地でゲンジボタルが見頃となっています。多摩市某所へ観察へ行ってきました。

コメント


bottom of page