top of page

カワラヒワのシャワー?

12月5日、本格的な冬の到来を感じる肌寒い一日。終日、堀之内沖ノ谷戸公園の林床整備を

行いました。休憩時間に広場へ移動すると、ポツポツ・・と雨音が聞こえ始めたので、

これは結構降るかもと慌てて引き返そうとしたところ、なぜか肌に雨粒を感じません。

ふと足もとを見ると、写真のような光景が広がっていました。小鳥の翼のような形をした

その正体は、イヌシデの果苞です。タネが残っているものも外れているものもありました。

先ほど雨音と勘違いした音は、これら果苞がパラパラと落ちてきて、木々の葉を揺らす音

だったのです。動画も撮ってみましたが、実際よりもノイズのような音に聴こえます。

それにしても、風もほとんど吹いていないのになぜ?・・その答えはすぐにわかりました。

イヌシデの枝先にカワラヒワの群れが集まり、静かにタネをついばんでいたのでした。

木の真下まで行ってみると、頭上から食べこぼしの果苞が次々に落ちてきます。

そして、少しずつ鳴き声が賑やかになってきたかと思うと、食事を終えて別の木へと

移動していきました。メジロの嫁入り(メジロの嫁入り? (h-yugi.org))を体験してから

1ヶ月、今度はカワラヒワのシャワーを浴びて喜ぶ私。やっぱり小鳥が好きなのです。

こちらは作業の合間に撮ったものたち。順に、オナガ、センリョウ、コクサギの冬芽です。

動植物との出会いはいつでも作業の疲れを癒してくれます。そして身も心もぽっかぽか!


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page