top of page

イラガの繭

1月23日、長池公園の緑地作業チームで南大沢方面口の落ち葉清掃を行いました。

休憩中に、メンバーの一人がイラガの繭を見つけてきました。

他のメンバーも加わって周辺のイロハモミジの枝先を探してみると、全部で7個の繭がありました。

「模様が一つ一つ違ってウズラの卵みたい!」

「昔はこの繭の殻を剥がして中のサナギを取り出して、タナゴ釣りの餌にしたんだよ。」

イラガの繭を囲んで楽しい会話に花が咲き、まるで子どものように無邪気な表情を見せる皆さんなのでした。

折しも、今月号の広報誌「みんなの長池」に繭を特集しましたので、ぜひこちらもご覧下さい!


Comments


bottom of page