top of page

アカゲラとおなじみの鳥たち

12月26日、オンラインの打ち合わせが2件と対面の会議に打ち合わせとインドアな一日。

ビジネスマンにとっては当たり前の日常であっても、私のようなフィールドワーカーに

とっては肩が凝り、足が痺れてしまうということで、合間の時間に園内を歩きました。

常連の来園者と年末の挨拶を交わしつつ、問い合わせの多い野鳥の飛来状況もチェック。

特別保全ゾーン内、中央園路から見える辺りの木立に今季初認のアカゲラがいました。

一年中見られるアオゲラと違って、アカゲラは長池公園では秋冬のみ見られる渡り鳥です。

毎年必ず見られるわけではなく、渡来数も多くありません。散策に出かけて正解でした。

ハンノキ林付近の繁みでは、先日の子と同一個体と思われるミソサザイも観察できました。

一方、第二デッキにはイカルの群れが水を飲みに降りていました。今年は多いですね!

ながいけの道では、私の前を先導するようにモズが移動していきました。この一帯は、

写真の雌が縄張りを構えているので、ちょっと足もとの落ち葉をカサカサとどかす動作を

試してみると、向こうから近付いてきてくれます。本当に人の動きをよく見ている鳥です。

木の実のシーズンはほぼ終わりです。わずかに残ったムラサキシキブの実をメジロが

ついばんでいました。一見、すでに乾いて美味しくなさそうな色合いになった木の実でも、

かえって甘味が増してくるのか、盛んに食べに来ます。また、この時期はタチカンツバキの

花の蜜を舐めに来ている姿もよく目にします。冬はヤブツバキ、早春は梅、春はサクラと、

メジロにとって、花木の存在は重要です。グルメなメジロの観察はとても楽しいですよ!

いつもの鳥たちに加えてアカゲラのおまけ付き。短い時間でしたが、充実のとりさんぽで

良い気分転換になりました。皆さんにも、楽しい出会いや発見がありますように!


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page